トップページ > 水上ラフティングで使用するウェットスーツの役割

ラフティングを楽しむ時のウェットスーツの役割

ヘルメットやライフジャケットなど、ラフティングを安全に楽しむためのアイテムはたくさんあります。ウェットスーツもその中の1つで、重要な役割を持っています。こちらではウェットスーツの役割をご紹介します。

体温の低下を防ぐ

ラフティングは季節を問わずに楽しむことができるスポーツです。夏場は気温が高いこともあり、ウェットスーツは必要ないと感じる場合も少なくありません。

しかし、気温が高くても水温は低いことが多く、長く水中にいると体温を奪われてしまう可能性も考えられます。ウェットスーツは保温性に優れているため、長時間水中にいても体温の低下を防ぐことができます。

また、夏場の強い日差しによる日焼けを防止することにも繋がります。体温の低下や日焼けは予想以上に体力を消耗させるため、ウェットスーツを着用することで快適にラフティングツアーが楽しめます。

身体を保護する

水に濡れた肌は柔らかくなり、非常に傷つきやすい状態になっています。ラフティングコースによっては岩場などを通ることもあり、肌がむき出しの場合、岩場にぶつけて怪我を負ってしまう可能性があります。また、水の中に存在する細菌が傷口から入り込み、怪我を悪化させることも考えられます。

ウェットスーツを着用することで、岩場に接触しても怪我につながりにくく、怪我から身体を保護できるのです。安心・安全にラフティングを楽しむためにもウェットスーツは必要なのです。

ネイチャーナビゲーターでは、群馬みなかみ町を流れる利根川での水上ラフティングツアーをご用意しております。半日または1日コースからお選びいただけます。ベテランガイドが同伴いたしますので、初心者の方も安心して楽しむことができます。

集合場所の水上ベースには広々とした無料駐車場、レンタルコーナー、更衣室、温水シャワーなどの設備も充実しています。そのため、ラフティングをした後に周辺観光や温泉などもお楽しみいただけます。ラフティングを楽しみたい方は、ぜひネイチャーナビゲーターのツアーをご予約ください。

水上ラフティング半日コースはこちら
水上ラフティング1日コースはこちら

page top

ラフティングやキャニオニング・カヌー体験なら群馬水上・埼玉の【ネイチャー・ナビゲーター】
Copyright(c) 2016 Nature Navigator All Rights Reserved.