長瀞玉淀ダムの流入量と親鼻橋の水位

2014-05-21

荒川、長瀞エリアのラフティングは下流の玉淀ダムへの流入量をツアー運行の目安にしています。
中止基準は毎秒200トン。上流に降った雨により、年に数回この基準に達することがありツアーを中止しなければなりません。この流入量情報は電話の音声案内で知ることができます。
玉淀ダム音声案内:048-581-8081

他にもスタート地点の親鼻橋下には国土交通省の水位計が設置してありこちらはインターネットからリアルタイムで情報を見ることができます。
親鼻橋水位:http://www.river.go.jp/nrpc0305gDisp.do?mode=&officeCode=21262&obsrvtnPointCode=3&timeAxis=60

玉淀ダムの流入量と親鼻橋水位の相関関係をグラフにしたのがこちら
長瀞水位グラフ
データは2012年の資料を基に作成しました。支流からの流入によって相関関係にぶれが生じると思っていたのですが見事にポイントが並びました。もしかして親鼻の水位で流入量を計算してるのか?と思ったりして

流入量が20トン以下だと水量ちょっと少な目、30トン以上ならやや多め、80トン以上だとかなり多い感じになります。
参考になさってください。

比較
6t親鼻橋 6t小滝
親鼻橋6t6t小滝

20t親鼻橋 20t小滝
20t親鼻橋20t小滝

40t親鼻橋 40t小滝
40t親鼻橋40t小滝

80t親鼻橋 80t小滝
80t親鼻橋80t小滝

カテゴリー: スタッフブログ タグ:
ラフティングやキャニオニング・カヌー体験なら群馬水上・埼玉の【ネイチャー・ナビゲーター】
Copyright(c) 2016 Nature Navigator All Rights Reserved.